不動産投資初心者に向いている投資物件の選び方について

まずは管理会社を選ぼう

様々な商品がある中で不動産投資を始められる方は、非常に堅実といえます。人が暮らす限り、住まいの問題は必ず付いて回るもので、都市部になればなるほど、マンションのニーズも常にあります。しかし、どのような物件が狙い目なのかは、初心者の場合どの部分にフォーカスすれば良のか見つけるのは困難です。
そこで重要になってくるのが、自分がターゲットとしている地域に詳しい、マンションの管理会社を探すことです。例えば、地方都市の学生向けマンションが、投資物件として売りに出されていたら、そのマンションを管理している会社の評判を知るのが、良い方法の一つです。
きちんとした管理を行ってくれている会社であれば、退去率も少なくなるでしょうから、安定した収入が見込めます。

自分一人で管理はできない

管理会社を綿密に選ぶ利点はもう一つあります。それは、「マンション投資=マンションの管理人になる」ことではないからです。
具体的な話をすると、自分が東京に住んでいて、関西のマンションを投資物件として購入したとしましょう。仕事が忙しければ、自分が購入したマンションの状態を見ることがなかなかできません。また、自分にマンション管理の知識があれば、どの部分を改善すべきなのかを判断し、対応することができますが、初心者にはマンション住人の勘所が分かりにくいものです。
管理会社はその点、日々住人のクレーム対応を行っていますから、どのような対応を事前にしておけば、住人が不満を感じにくいのかを熟知しています。選ぶ際は、地域に密着している管理会社を選ぶのがポイントです。