不動産運用はバランスが大事

資金を得ながら運用する

不動産運用の仕方として家賃収入を得ながら、ローンを返済していくという方法があります。家賃からローンなどの経費を引いた金額が利益となります。この方法であれば空室リスクなどに配慮する必要がありますが、毎月入ってくる資金が手に入ります。空室リスクは魅力的な物件にすることで防ぐことができるので、利益を出すことは計算違いさえしなければ難しくはないのです。ただし、利益は家賃を超えることはないので、大きく利益を出すことはできません。安定して収入を得たいと考えている投資家にとっては、かなり良質な資金の運用の仕方です。一つ一つの家賃収入は少ないかもしれませんが、数が増えればそれだけ利益も増えるということが重要になってきます。

売却利益を考えて不動産運用する

不動産運用のもう一つの利益の出し方には、売却益で儲けるというものがあります。安い不動産を買って、高く売るという手法です。他のビジネスと同じように高く売れた分だけ利益になります。不動産の場合はその利益が大きくなる可能性があるのです。利益は大きくなりますが、そこまで不動産を持ち続ける資金力が必要になります。そこで家賃収入を得ながら、売却益が出るまで待つという方法が不動産にはあります。家賃が発生する物件を買って、高くなるまで待つのです。家賃収入を得られて売却益を見込める物件はなかなかないかもしれませんが、見つかればかなり優良な物件になるでしょう。不動産運用には家賃収入と売却益のバランスが重要なのです。